switchリメイク版『マッドファザー』レビュー【神フリーホラゲ】

Mad Father

こんにちは、らむねこ(@ramuneko96)です!

11月5日に、フリーホラゲ『マッドファザー』がswitchにてダウンロード発売されました。

名作とうたわれているゲームなのと、ホラーゲームをプレイするのが約10年ぶりなのとで、ドキドキしながらプレイしてみました。

ストーリーのネタバレを避けつつ、マッドファザーについて内容やレビューを書いていきます。

どんなゲームなのか気になっている方は、参考にしてみてください!

目次

伝説のフリーホラゲがさらなるリメイクでswitchに登場!

マッドファザーは、もともとSteamで配信開始されたゲームです。初リリース日は2012年12月10日で、バージョンアップされたのが2015年1月28日。

そして初リリースから約8年弱、さらなるリメイクを経て、家庭用ゲーム機であるswitchへの進出を果たしました。

1つのフリーホラゲがこんなに長いあいだ支持されて、switchにまで進出するなんて、とてもすごいことですね!

switchでの配信と同時に、Steamでもリメイク版へのアップデートが実装されたようです。

▼作品情報

ゲーム名Mad Father (マッドファーザー)
プレイ人数1人
メーカーPLAYISM
配信日2020年11月5日
ジャンル探索型ホラーアドベンチャー
ダウンロード価格980円(税込)
対象年齢12歳以上

どんなゲーム?

人形(屍)×ホラー×探索といった、独特な世界観のホラーゲームです。

細かいドット絵が素晴らしく、よく作りこまれていて、クオリティがとても高いと感じました。また、個性的なキャラクターが多く登場するのも面白いポイント。

狂気的な世界観の中で、それぞれの登場人物の気持ちなどが交差しあい、最後まで飽きることなくストーリーを楽しめます。

ゲームのあらすじ

舞台はドイツ郊外の山脈地帯にある、ドレヴィス邸での出来事です。
11歳の少女「アヤ・ドレヴィス」が本ゲームの主人公。

アヤの父親は、屋敷内で狂気じみた実験を夜な夜な繰り返し行っていました。
その実験とは、人間や動物たちを”材料”にする恐ろしいもの。

父親が狂った実験をしているのをアヤは薄々気付いていましたが、ずっと知らないフリをしていました。

アヤの母親が亡くなって1年が経とうとしていた晩に、亡霊と化した屍が屋敷内を徘徊し始めます。

父親の悲鳴を聞いたアヤは、父親を助けに行こうと屋敷内を探索していきます。
そして、さまざまな恐怖を体験していくことに…。

タイトルのとおり、アヤの父親は最後まで一貫して狂っていますよ〜(笑)

魅力的なキャラクターたち

ドレヴィス一家

主人公
11歳の少女、アヤ・ドレヴィス。家族に愛されて育った、とても可愛らしい見た目の女の子。

アヤの父親
タイトル通りのヤバい父親。本名は明かされていない。

アヤの母
病弱のモニカ・ドレヴィス。美しい母親で、貴族の出身。お胸の露出面積が気になるところ。

その他の重要人物

マリア
ドレヴィス家に仕える使用人、兼マッドファザーのアブナイ実験の助手役。

金髪の少年
端正な顔立ちの少年で、アヤを助けようとしてくれる。ゲーム内においては貴重な、善良な人物。

オーガ
セールスマンと名乗る男。神出鬼没で、敵なのか味方なのか分からない謎の存在。

リメイクされた部分

リメイクにあたり、多くの部分の変更や追加があるようです。

  • グラフィック変更(キャラチップ・マップチップ・一部スチル等)
  • ゲーム画面ワイド化
  • イベント追加
  • 一部システム見直し・追加
  • 二周目要素「BLOODモード」追加(メインシナリオが大幅に変化します)
  • 新マップ追加
  • ゲームパッド対応
  • ノイズフィルタ機能(設定でOFFにすることが可能)
  • ミュージアムに「ドールメーカー」追加
  • メニュー画面(ミッション,HELP,OPTION)追加
  • コントローラーの操作割当機能追加
  • ボイスの追加(父の笑いボイス等のバリエーション追加)
  • 金髪の少年とドレヴィス家の馴れ初めの記憶

引用:ファミ通

リメイク前と比べると、屋敷の間取りやギミック等もだいぶ変化しているみたいですよ。

マッドファザーはどのくらい怖い?

個人的には、かなり恐怖を感じるなんてことはなく、控えめな怖さでした。

チェンソーを振り回して”何か”を切ることがありますが、ドット絵だからか怖さはそのぶん半減。

突然人形が動いたり、鏡が割れたりという細かいギミック(驚かせ要素)もあって、気を抜いているとたまにビクッとします(笑)

驚かせ要素よりも、狂った登場人物やストーリーに精神的な恐怖を感じました。

一番怖いのは、人間の思考…。

そんなわけで、ホラーゲームは怖くてできない、初心者だという方にもオススメできます。

プレイ画面は少しノイズがかかっていて、不気味な空間を演出しています。

ノイズを消したい場合は、オプションからノイズフィルタをOFFに切り替えましょう。そうすることで、クリアな画面でゲームをプレイできるようになります。

ゲームシステムについて

主人公のアヤを操作し、ドレヴィス邸である広いお屋敷の中を隅々まで探索していきます。

探索の途中でアイテムを拾って使ったり、迫りくる屍たちから逃れたりしながら、ストーリーを進めていきます。

また特定の場所に行くと出会うトラップは、タイムコマンド方式です。

画面に表示されている通りにボタンを入力して、ピンチを切り抜けるという、ミニゲームのような感じです。

ちなみに、キャラクターを操作するときに「コツコツ…」という足音が鳴るのですが、プチASMRっぽくてなんだか心地いい!(笑)

マルチエンディング仕様

マッドファザーのエンディングは、終盤で分岐するマルチエンディングです。2種類のバッドエンドと、トゥルーエンドの全3種類のエンディングを見られます。

トゥルーエンドを目指す場合、ゲーム内である条件を満たす必要があります。

初見でのクリア時間

ほぼ初見でプレイして、約3時間半くらいでクリアできました。

フリーゲームにしてはかなりの長編で、ストーリーがとても面白くて引き込まれます。

謎解きはさまざまな種類があり、最後まで飽きずに楽しんでプレイできました。ちなみに、謎解きはそこまで難しいと感じませんでした。

ホラーゲームでは大事なセーブポイントについてですが、あちこちにいるカラスに話しかけることでセーブできます。

カラスには短い間隔で出会えるので、こまめにセーブできて安心感がありました。

2周目クリアで、さらにストーリーの理解を深められる

1周目をトゥルーエンドでクリアすると、2周目であるBLOODモードが解放されます。

BLOODモードは、11歳のアヤが成長して少し大人になった時間軸です。ですが謎解きはほぼ1周目と同じのため、ゲーム自体はサクッとクリアできました。

1周目では知り得なかった驚愕の真実を知り、ドレヴィス家のさらなる怖さを理解できます。

また、本編またはBLOODモードでジェムというアイテムを20個すべて集めると、IFストーリーが解放されます。

IFストーリーは短めの物語ですが、ある人物の視点で、本編のエンディング場面の様子を楽しめますよ!

ギャラリーでイラストやBGM鑑賞ができる

1周目をクリアすると解放されるミュージアムでは、イラストやBGMなどちょっとしたおまけ要素を楽しめます。

キャラクターの説明やゲーム中のイベントイラストを見たり、ゲーム中に流れるBGMを聴いたりできます。

ここらへんのおまけ要素は、フリーゲームっぽくて良いですね!

ドールメイカーで着せ替え遊びを楽しむ

ミュージアムには、ドールメイカーというおまけもあります。
ドットのクオリティが高いので、もはやおまけかどうか分かりませんが…。

目や髪の毛、洋服など、21種類のパーツを選んで組み合わせ、お人形遊びができるというもの。

作ったデータは4つまで保存できるので、お気に入りのお人形を残しておくのに便利です。

▼アリス風のドールを作ってみた

まとめ

Steamで初リリースされてから約8年弱、リメイクにより更なる進化を遂げたフリーホラゲ『マッドファザー』。

儚くて狂気的な世界観と、魅力的なキャラクターたちによる奥深いストーリーを、switchでプレイできます。

とても面白いゲームなのに、価格は980円と安価で嬉しい…!興味が湧いた方は、ぜひプレイしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる