【3分で分かる】すばらしきこのせかいとは? どんなゲームかをサクッと解説

こんにちは、らむねこ(@ramuneko96)です!

考える人

すばらしきこのせかい、タイトルは聞いたことあるけど……
どんなゲームなんだろう?

2007年に初リリースされたゲーム『すばらしきこのせかい(通称すばせか)』

2021年7月27日には、続編の『新すばらしきこのせかい』が約14年ぶりに発売されました。そこで、前作のすばせかが一体どんなゲームだったのかを紹介したいと思います。

ポップなイラストとは裏腹に、設定がけっこう複雑で意外と奥深い作品です。

ストーリーの出来事すべてを理解するのは大変なので、内容をかいつまんでサクッと解説します。

ブランド:スクウェア・エニックス
目次

『すばらしきこのせかい』とは

すばせかは、スクウェア・エニックスが生みだしたアクションロールプレイングゲームです。

発売の時系列は以下のとおり。

発売日プラットフォームタイトル名
2007年7月27日ニンテンドーDSすばらしきこのせかい
2012年8月27日iOS/Androidすばらしきこのせかい -Solo Remix-
2018年9月27日Nintendo Switchすばらしきこのせかい -Final Remix-

キングダムハーツやFFシリーズの制作スタッフが開発に携わり、メインキャラクターは野村哲也氏がデザインしています。

ゲームをプレイ中、なんだかキングダムハーツとFFっぽいなーって思ったから、この開発チームは納得です

2008年度ベストゲームで最優秀携帯ゲーム賞を受賞するなど、国内外問わずとても高い評価を得ています。また2021年4月より、アニメ化も果たしています。

登場キャラクターについて

すばせかの主人公である桜庭 音操(サクラバ ネク)は、渋谷生まれ渋谷育ちの少年。

他人とは分かり合えないと思っていて、人と関わるのを極度に嫌っているため、つねにヘッドフォンを装着して周りの世界を遮断しています。

ネクとシキ

ゲーム中、ネクが初めてかかわりを持つのは美咲 四季(ミサキ シキ)という女の子。

おしゃれが大好きで、裁縫が得意という器用な一面を持ちます。自分で作った黒ネコのぬいぐるみ「にゃんタン」をいつも持ち歩いています。

そのほか、兄妹のビイトライム、謎が多いヨシュア羽狛 早苗(ハネコマ サナエ)なども登場。

ビイトとライム

敵キャラクターは死神という存在で登場し、いつも行動をともにする八代 卯月(ヤシロ ウヅキ)狩谷 拘輝(カリヤ コウキ)、凶暴で協調性0の南師 猩(ミナミモト ショウ)などと接触していきます。

味方・敵問わず魅力的なキャラクターが多いよ!

世界観とストーリーについて

ゲームの舞台は東京の渋谷区がモデルになっています。

発売当時の街並みがほぼ忠実に再現され、忠犬ハチ公像やパルコをもじったモルコ、109(マルキュー)とよく似た104(マルシー)などが登場します。

グラフィックはエッジの効いたポップな見た目で、BGMは歌声が入っているものが多いです。グラ・BGMともに全体的にスタイリッシュな雰囲気があり、流行の最先端をいく渋谷にマッチしています。

ストーリーのあらすじ

シブヤのスクランブル交差点で目を覚ました主人公・ネク。

そこは現実のシブヤと重なりあう異なる次元 “UG(アンダーグラウンド)” だった。

訳が分からないまま「死神ゲーム」の参加者になっていたネクは、同じゲームの参加者である少女・シキと出会い、“パートナー”として契約。

理不尽に課せられる“ミッション”や襲いかかってくるバケモノ“ノイズ”に立ち向かいながら、「死神ゲーム」と自分の記憶に隠された真相に迫っていく。

公式アニメーションサイトより一部引用

生死をかけたゲームにいきなり参加されられたネク君、めちゃくちゃかわいそう

ゲームの操作について

2Dのフィールドを探索して、ストーリーを進めていきます。

戦闘は宙にただよう「ノイズ」をタッチすると始まり、DSの場合は2画面をフルに活用した戦闘になります。下画面ではタッチ操作を、上画面ではキー操作を同時におこなう、なかなか忙しい仕様です。

熱中しすぎてDSを壊した人もいるとか、いないとか……

Switch版はタッチ操作またはJoy-Conを取り外しての操作のどちらかで、戦闘時はおすそ分け(2人プレイ)も可能。

画面を連続でタップしたり、サッと動かしてスラッシュしたりと、装備したバッジによって攻撃方法が異なります。

パートナーとの強力な連携攻撃も!

キャラクターにはレベルの概念がなく、バッジのレベルを上げたり、服の装備や食べ物を食べて基礎値を上げたりします。

まとめ

かなりざっくりとですが、『すばらしきこのせかい』がどんなゲームなのかを解説しました。

さまざまな人が行きかう渋谷という舞台、独特な世界観、個性的なキャラクターたち。

”癖のある作品”ゆえに、人によっては”癖になる作品”として楽しめるゲームだと思います。

気になった方は、ぜひプレイしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる