【レビュー】FF7R インターグレードの良い点と、1つの残念な点

こんにちは、らむねこ(@ramuneko96)です!

ついにプレイ可能になった『ファイナルファンタジーVII リメイク インターグレード』

2021年6月10日に発売された本作は、FF7リメイク(以下FF7R)本編のグラフィックやパフォーマンスの向上がほどこされ、より上質なゲーム体験が可能になっています。

さらに、カメラモードなどの機能やユフィが主人公の追加エピソードも盛り込まれているので、FF7ファンにとってはたまらない内容です。

ユフィならではの爽快な戦闘やアクション、シーンを盛り上げる神BGMなど、魅力が盛りだくさん!

PS5を持っている者の使命として、FF7Rインターグレードの魅力を少しでも多く伝えるべく、さっそくレビューしていきます(`・ω・´)

目次

『FF7R インターグレード』とは

『FF7R インターグレード』は、2020年4月10日に発売されたFF7Rにユフィの新規エピソードが追加されたPS5版です。

PS5ならではの爆速ロードはもちろん、グラフィックの質感や表現力の向上など、さまざまな部分がパワーアップしています。

緻密な背景に圧倒される!

発売日は2021年6月10日で、以下の種類があります。

  • ディスク版(税込9,878円)
  • ダウンロード版(税込9,878円)
  • Digital Deluxe Edition版(税込11,501円)

※Digital Deluxe Edition版とは、通常版にデジタルアートブック+デジタルミニサウンドトラックがセットになっている商品です。

PS4版のFF7Rを持っているユーザーは、100円でPS5版にアップグレードでき、その後ユフィの新規エピソードを2,178円でダウンロードできます。

fps60でぬるぬる動くように

今までFF7RのフレームレートはPS4とPS5ともに30fps固定と、PS5でプレイする恩恵にフレームレートの向上は含まれていませんでした

ですが『FF7Rインターグレード』では、60fpsで動作するように。これにより、今までよりもかなり滑らかに動くようになりました。

グラフィックス設定の画面モードから、フレートレームと高解像度の優先度の変更もできます。

「パフォーマンスモード」は60fpsのスムーズな動作を、「グラフィックモード」は4k画質の美しい映像を楽しめます。

ユフィの新規エピソード「インターミッション」の内容

FF7でおなじみのキャラ「ユフィ・キサラギ」を操作できる新規エピソード「インターミッション」がプレイ可能になりました。

伍番魔晄炉が爆破されたミッドガルの混乱の中、ウータイの密命を帯びた《シノビ》たちが暗躍する。モーグリマントをまといし少女ユフィと頼れる相棒ソノン。

狙うは新羅カンパニーが開発した《究極マテリア》。

本家アバランチの協力を得て、故郷のため、復讐のため、敵地へと足を踏み入れる。

星の叫びに導かれ、新たな運命の歯車が回りだす。

スクウェア・エニックス公式サイト

ウータイ暫定政府の密命でミッドガルに潜入し、新羅カンパニーに眠る究極マテリアを狙うというストーリーです。

ユフィの相棒・ソノン

ユフィはシリーズ初登場キャラである「ソノン・クサカベ」を相棒に、新羅ビルの兵器開発部門に足を踏み入れます。

美男美女のコンビ♪

兵器開発部門ということで、統括を務めるスカーレットが強力な兵器をぶつけてきます。


さらに『ダージュ オブ ケルベロス FF7』で登場したネロやヴァイスも登場。

"漆黒の闇ネロ"が物語に絡むことで、全体的に明るい雰囲気のストーリーにシリアスな場面が生まれます。

シミュレーターマシンでは召喚獣ラムウが実装され、バトルに勝利すると召喚マテリアを入手できる要素も。

インターミッションのボリューム・やりこみ要素については、こちらをご覧ください。

『FF7R インターグレード』の良かった点

カメラモードの追加

カメラモードが実装されたことで、さまざまな場面をこだわって撮れるようになりました。

戦闘時はもちろん、ムービーの最中でもカメラモードで撮影できます。

カメラモードでは、視点移動やニュアンスの変更、人物の有り無しなどの設定が可能です。

カメラモードの追加はかなり嬉しい!
スクショ撮ってるだけで一日が終わる……!

おてんば娘のユフィが超かわいい!

インターミッションでなんといっても魅力的なのが、主人公ユフィのかわいらしさ。

元気で無邪気に振る舞ったり、せっかちでドジっ子を発揮したりと、さまざまな表情を見せてくれます。

そのユフィの姿に、プレイヤーは心をグッと掴まれること間違いなし!(※個人差があります)

ユフィらしいアクションや戦闘スタイルが楽しめる

ユフィといえばウータイ出身の忍者ということで、ゲーム内ではシノビらしいアクションが楽しめます。

ユフィの武器である手裏剣を投げて、離れた場所にある新羅ボックスを壊してアイテムを入手したり、エレベーターなどを動かしたりするギミックも。

また移動できそうな壁があれば伝って進むなど、軽やかな身のこなしを体験できます。

敵との戦闘では、近距離攻撃はもちろん、手裏剣を投げて離れた敵を攻撃する遠距離攻撃も可能です。

たたかうコマンドを長押しすることで、近くの敵を攻撃しつつ後方に素早く距離をとる動きができます。

手裏剣は△ボタンを押すと投げられ、飛ばしているあいだ□ボタンのたたかうコマンドが"忍術"攻撃に変化します。

忍術を使って戦うユフィ

この忍術攻撃、今までにない攻め方ができてかなり良い!
というのも、ふつう敵の弱点をつくには、ファイアやサンダーなどの魔法を使う必要がありますよね。

忍術はATBを1つ使うことで炎・氷・雷・風の4属性に変化させられるので、MPを消費せずに敵の弱点をついて攻撃できる寸法です。

いろんな戦い方ができるのが楽しい!

ソノンとの連携モードがおもしろい

ソノンはユフィの仲間になりますが、戦闘時に切り替えて操作することはできません。(コマンドの指示は可能)

そのかわり、L2ボタンで連携モードに切り替えられます。

ユフィと一緒に同じ敵を攻撃するのはもちろん、ユフィが攻撃を受けて吹っ飛ばされそうなときに受け止めてくれる、なんてことも。

攻撃されたユフィを受け止めるソノン

めっちゃイケメン……!!

連携モードになることで、ユフィのアビリティも一部変化します。例えば「風林火山」が「連携・風林火山」になり、演出も派手に。

息ピッタリの一体感がある連携モードは、戦っていてとても楽しいなと思えました。

『忍びの末裔』のアレンジBGMなどが使われている

ユフィの新規エピソードをプレイしていて感じたのが、BGMが素晴らしいこと。

ゲーム開始後、ユフィの登場シーンと一緒に出迎えてくれるのが『Your Girl Finally It』というBGM。
原作のBGM『ウータイ』と『忍びの末裔』がミックスされたような曲です。

さらに、その後のフィールド曲と通常バトル曲は、それぞれ『忍びの末裔』のアレンジBGM。

原曲のおっとりとした曲調と違い、フィールド曲はしっとりとした壮大なアレンジ、通常バトル曲はアップテンポでかっこいいアレンジになっています。

そのほかのさまざまな場面でも、ゲームを盛り上げてくれるようなBGMを楽しめます。

ぜんぶ神BGM!
全体的にゲームにピッタリ合ってる感じがしたよ!

どれも良曲ばかりなので、じっくり聴きたいときは『FF7R インターグレード Digital Deluxe Edition』もしくは追加コンテンツの『FF7Rインターグレード Digital Deluxe Edition Upgrade』のミニサウンドトラックを活用するのがおすすめです。

懐かしのコンドルフォートで遊べるように

FF7の原作にあったコンドルフォートがインターミッションで復活し、ミニゲームとして遊べるようになりました。

今回のコンドルフォートは3Dのボードゲームになっています。

ルールは、兵であるコマをボードに配置し、相手の拠点を撃破するというもの。

ミニゲームなのに、かなりおもしろい!

コマの種類や特性、相性などを考えつつ遊ぶため、けっこう戦略的なゲームです。

キリエやジェシーなど、本編でもおなじみのキャラクターとも対戦できますよ!

FF7Rの続編を期待させるような演出にワクワクする

ユフィのストーリーが終わると、クラウドたちが映ったムービーが流れます。ミッドガルを離れ、近隣の町「カーム」に向かう場面です。

新たな門出を迎えるシーンに、FF7Rの続編を期待せざるを得ない……!

さらにムービーのラストには、FF7に関係のある人物が登場。

ネタバレになるので誰とはいいませんが「どういうこと?」と思わずにはいられない状況に、今後のストーリーがどう展開してくのかがとても気になりました。

『FF7Rインターグレード』唯一の残念だった点

FF7RがグレードアップしてPS5で遊べるようになったのはとても良かったし、ユフィの新規エピソードも文句なしで面白かったです。

しかし新規エピソードもPS5のみの対応なので、PS5を持っていないFF7ファンのユーザーはプレイできません。

これが、今回の唯一の残念な点でした。

もちろん、スクエニさんの事情や考え方があっての実装なんだと思います。ですがPS5は供給不足の状況で、なかなか入手できない方がたくさんいますよね。

今後は次世代のゲーム機で発売していきたいのかもしれませんが、そもそもPS5が入手困難な今、PS4ユーザーを切り捨てるような売り方をするのは悲しい……。

PS4のFF7Rを所持しているたくさんの方が、新規エピソードをプレイできないことに残念がっているのではないでしょうか。

今回のような新規エピソードは今後も配信されるのか?

インターミッションが配信されたことで、今後も新規ダウンロードコンテンツが配信されるんじゃないか? と期待してしまいますよね。

たとえば……ヴィンセントやケットシー、タークスのメンバーの新規エピソードが配信されるとか。

ですが、公式ページを見てみると

Q:『FF7R EPISODE INTERmission(ユフィの新規エピソードDLC)』のようなDLCが今後も配信されますか?

A:配信予定はございません。

引用:スクウェア・エニックス公式サイト

と、きっぱりと「予定はない」と書かれています。

ということは、新規エピソードが今後配信される可能性はなさそうですね。今回のユフィ編は、特別な配信のようです。

レビューまとめ

グラフィックやフレームレートの向上、フォトモードの追加など、FF7Rをさらに楽しめる機能の実装はとても素晴らしいものでした。

ユフィの新規エピソード「インターミッション」では、ユフィのかわいらしさを存分に楽しめました。

ユフィらしいアクションや新キャラクターのソノンとの爽快な連携モード、ミニゲームの充実と、短いボリュームながらもやりごたえがあり大満足です!

ただ、PS4ユーザーを置いてけぼりにした実装はとても残念。PS5が十分に供給されるまでまだまだかかりそうなので、今後PS4でも配信される可能性があることを願います。


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる